ヒゲ脱毛の医療レーザー脱毛機の種類と違い、オススメを紹介

ヒゲ脱毛

いろんな情報を調べ、ヒゲ脱毛には医療レーザーが最適なんだ!!とわかった人が次に陥ること。

  • アレキサンドライトレーザー
  • ヤグレーザー
  • ダイオードレーザー
  • メディオスター
  • ソプラノ
    etc…

さてどれで脱毛しますか??

めっちゃ種類多い!!!!!

実は医療レーザーもたくさん種類があって、人によっても合う合わないがあるので、ここはかなり重要です

わたしは医療レーザーっていう種類1つだけだと思っていて

病院に行ってどれで脱毛しますか?と聞かれてアワアワしてしまいました。

ヒゲ脱毛の医療レーザーの種類と特徴をわかりやすく伝えておこうと思います。

ヒゲ脱毛の医療レーザー脱毛機の種類

医療レーザー脱毛機大きく分けて2種類あります。

 単発式(熱破壊式)蓄熱式

この2種類です。

 

単発式は熱破壊式ともいいますが単発式で言葉を統一していきます。

単発式と蓄熱式の特徴と効果

単発式

単発式のレーザー脱毛とはよくいわれる輪ゴムで思いっきりパチパチ打たれる感じの痛みがくるやつですね

単発式の脱毛メカニズムは下記画像の「毛母細胞」「毛乳頭」をレーザーで破壊することで毛を生えなくする事です。

出典: iPS細胞から毛包再生、重い脱毛症の人の力に | ヒト幹細胞情報化推進事業(SKIP)

レーザーは主に黒いものに反応するので毛乳頭と毛母細胞という毛を生やす組織に熱を与えて組織を破壊して、生えなくします。

毛乳頭と毛母細胞が焼き切れて、あとは待っていれば残った毛が新陳代謝によって押し出されてきて、抜ける。という感じですね。

ダメージを受けた毛が抜けるのを待つ必要があるので、だいたい二週間くらい待つとかなり効果を実感できます。

単発式の最大のメリットはこの効果を実感できる速度と、実際に多くの人を脱毛してきたという実績があるということだと思います。

単発式レーザーの種類

単発式の医療レーザーは主に

  • アレキサンドライトレーザー
  • ダイオードレーザー(HR式)
  • ヤグレーザー

の3種類です

単発式レーザーのそれぞれの違いは主に波長の長さにあります

  • アレキサンドライトレーザー (755nm)
  • ダイオードレーザー (810nm)
  • ヤグレーザー (1064nm)

出典:http://fukuoka-datsumo.com/

レーザーの波長はアレキサンドライトが一番短く、ヤグレーザーが一番長いです。

レーザーの波長は長いほどより深く届き、

波長は短いほどより強くなります

ですがこのように違いはありますが、実際はそこまで大きな効果の差は無いようです

私もアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを実際受けてみて、抜け具合に差はほとんどありませんでした。

単発レーザーにおいて、
レーザーの種類というより、出力の影響の方がかなり大きいです

私はある程度高い出力でないと正直効果はあまり実感はしませんでした。
※ですが、初めから高出力は危険なので徐々に上げてくれますので、焦りは禁物です

蓄熱式

蓄熱式の脱毛機の脱毛メカニズムは単発式とは違います。下記画像の、「バルジ」という部分を破壊することによって毛を生えなくします

出典: iPS細胞から毛包再生、重い脱毛症の人の力に | ヒト幹細胞情報化推進事業(SKIP)

【バルジ、またはバルジ領域で「色素幹細胞」と「毛包幹細胞」という2種類の細胞生まれて、これが毛乳頭へ運ばれることによって毛が生える】
というメカニズムが発見されたことによって生まれた新しい脱毛方法です。

簡単に言えば、
単発式は毛の生える土台を破壊する
蓄熱式は毛が生えろと命令する部分を破壊する。という感じですね。

今までの単発式のレーザーは奥深くの毛乳頭へダメージを与えなければいけなかったんですが、

バルジは比較的浅い部分にあるので、そこまで高出力が必要なく、痛みが少ない脱毛ができる。と言われています

蓄熱式と単発式の脱毛機との一番の違いは効果を実感しにくいことです

単発式は毛乳頭と毛母細胞という毛の根の部分を物理的に破壊するので毛が無くなりますが、

蓄熱式はバルジ領域という毛自体ではない部分をターゲットにしているので、レーザーを照射したダメージで毛が抜ける訳ではありません。(それでも熱ダメージはあるので抜ける毛はあります)

蓄熱式は「今生えている毛が自然に抜け落ちた後、次の毛を生やせ、という命令を出させなくする」という方法なので、単発式のように今の毛が抜ける訳では無いのでなかなか効果が実感しにくいのです。

あと蓄熱式の特徴は打ち漏れが起きにくいこと

単発式だとバン!と一発打って、場所変えて、打って場所変えて、というようにして施術するので、下手な人がやると打ち漏れが出てしまったりしますが

蓄熱式は滑らせるように連続して照射しつづけるので打ち漏れが起こりにくいです。

蓄熱式レーザーの種類

蓄熱式は主にダイオードレーザー(SHR方式)というものを使って脱毛します。

メディオスター(ダイオードレーザーSHR方式)

ソプラノ(ダイオードレーザーSHR方式)

ウルトラ美容脱毛(医療用IPL脱毛)

主に上記のものです。

蓄熱式の特徴は複数の波長を同時に出すことができるのもポイントですね

なので浅い所の毛も深い所の毛も同時に効くので、単発式であればアレキサンドライトで抜けなかった部分はヤグでみたいなことをする場合もありますが、それが不要となっています。

それぞれの波長ですが

  • メディオスターNeXT PRO(810nmと940nm)
  • ソプラノアイスプラチナム(755nm,810nm,1064nm)
  • ウルトラ美肌脱毛(500nm~1200nm)

このようになっています。

メディオスターはバルジへの波長と、毛乳頭への波長を同時にだすことができる。

ソプラノはアレキサンドライト、ダイオード、ヤグという3種類のレーザーの波長を同時に出すことができる。

ウルトラ美肌脱毛は医療用IPLという少し種類の違うレーザーで、500nm~1200nmの波長を同時に出すことができる。


メディオスターとソプラノは同じダイオードレーザーなのでそんなに差はないと思いますが、

ウルトラ美肌脱毛は、IPLという普通はエステなどの光脱毛のレーザーを医療用に出力の強くしたものなので少し上の2つより効果があるのかは疑問です。

ただ、どのレーザーもバルジ領域をメインのターゲットとしていて幅広い波長を持つという特徴は同じなのであとは個人差かもしれません。

 

オススメは単発式

私のオススメはずばり単発式です

理由をお伝えします。

 

私は単発式は、ヤグレーザー、アレキサンドライトレーザーをうけて、

蓄熱式はメディオスターをうけました。

 

単発式はすぐ抜けるので効果を実感しやすいですし、抜けた後も確実に薄くなるので、ヒゲが薄くなる効果もちゃんと実感しました。

しかし、メディオスターの場合すぐに実感できないし、何度か打っても一向に薄くなっていく感じがないんです。

医者の説明だと、

アレキサンドライトやヤグと比べて脱毛の能力が劣るということはない、実感しにくいだけだよ。

とのことですが、どうしても実際比べてみて効果に明らかに差がありました

実際にいろんなところで評判を調べましたが、蓄熱式がすごく効いた!っていう人はもちろんいますが、全く効かなかったっていう人もいます。

けっこう人によって評価がバラバラなのが、蓄熱式のレーザー脱毛です。

単発式、蓄熱式、双方のメリットデメリットは色々ありますが、

その中でも最も大事なのは「実績」です

確かに蓄熱式の理論は正しいかもしれませんが、単発式は確実に脱毛を成功させてきたという実績が確かにあります。
理論的に効果があるとしても実績はどうしても劣ります。

バルジ領域を破壊することによって脱毛効果があるということはわかりましたが、
しかし本当に蓄熱式で確実にバルジ領域を破壊できるのか
というのはまた別の話です。

実は、バルジ領域についてはまだ研究しつくされていない、わかっていないことも多いらしいので、このようなことになっているのではないでしょうか。

なので私は、実績に重きを置いて単発式レーザーをオススメします

もちろん人によりますので、蓄熱式もすごく効く人もいるので一概に言えませんが、私個人的には単発式ですね。

以上です!

参考になったら幸いです!

コメント

  1. […] ヒゲ脱毛の医療レーザー脱毛機の種類と違い、オススメを紹介レーザー脱毛の種類について、医療レーザーにも種類があって大きく効果も異なります。 その違いについて詳しく解説とオ […]

  2. […] ヒゲ脱毛の医療レーザー脱毛機の種類と違い、オススメを紹介レーザー脱毛の種類について、医療レーザーにも種類があって大きく効果も異なります。 その違いについて詳しく解説とオ […]

タイトルとURLをコピーしました